旧車會でも評判!カワサキ「Z400FX」は硬派なフォルムが美しいバイク

旧車會でも評判!カワサキ「Z400FX」は硬派なフォルムが美しいバイク 「男のカワサキ」として今も昔も世界中のライダーを魅了し続けるカワサキのシリーズ。
旧車會の中でも特に人気を集めているのはZ400FXでしょう。
Z400FXは言わずと知れたカワサキの名車の一つで、1979年から1982年まで製造された「フォックス」の愛称でもよく知られています。
400ccとは思えないほど大きな車体は、とてもシャープで美しい角型のフォルムを持っています。
全体のバランスがとても良く、現代でもその独特な雰囲気のフォルムに惹かれる人は多いです。
ノーマル仕様ではもちろん旧車會の改造車仕様としても重宝される事は、あまりにも有名です。
このバイクを改造する一番の醍醐味とは、その素直でシャープなフォルムに自分だけのオリジナルドレスアップを加えて化けさせていく所にあります。
ノーマルにこだわるのもよし、自分だけのオリジナル仕様を造り出すのもよし、どちらにしても存分に楽しませてくれる素晴らしいバイクです。

旧車會で人気があるバイク「Z400FX」の概要

旧車會で人気があるバイク「Z400FX」の概要 1970年代から、1980年代にかけて製造販売されたバイクを愛する人々が集っているサークルが旧車會です。
2020年6月時点で全国各地に約9,000人の会員がおり、毎年関東で大規模なイベントも開催されています。
この旧車會で人気があるバイクが「Z400FX」で、1974年に製造販売されました。
400ccの排気量で中型サイズに分類されるマシンですが、備わっているマフラーは3気筒で重低音を響かせることができ、マニュアルクラッチで変速調整をライダー自身でおこなうことが可能です。
加速スピードが同じ400ccのスポーツ車よりも速く、名車の名に相応しい機能を有しています。
国民的人気を誇った特撮ドラマの主人公が愛車にしていたことも相まって、1975年から1977年の2年間で延べ3,600台を売り上げるヒットマシンにもなりました。
日本のライダーブームを牽引したマシンで、現在も「Z400FX」は幅広い世代に支持されています。